.

為替への介入という言葉を耳にした事がありますか?日銀が為替介入(外国為替平衡操作)をして新聞、雑誌記事、報道番組、ネットの情報でご覧になった人も多いでしょう。

元から外国為替市場介入(為替介入)というのは日本の場合、◯財務大臣が為替レートの安定化を実現できるように実施する方策として考えられています。

簡単に言えば、急激な円高・円安が発生すると財務大臣の命令をもとに日本銀行が日本円を取引して為替レートの安定性を狙うものを言います。

外国為替市場介入(為替介入)とはいくつか方法があるのです。

1.単独介入・・・政府機関・日銀が、東京での市場の中で自主的に市場に参加し為替介入を行なう。

2.協調介入・・・いくつもの通貨当局が協議しそれぞれの銀行などがお金を利用して同時期にもしくは続けて為替介入(外国為替平衡操作)を実行する。

3.委託介入・・・外国の通貨当局に向けて為替介入(外国為替平衡操作)をお願いする。

4.逆委託介入・・・日銀が異国の通貨当局の代わりに為替介入(外国為替平衡操作)をする。

こんな方法です。

いずれの方法の外国為替市場介入(為替介入)も一時期、継続して為替に多大な影響を与えると思います。

外国為替平衡操作(為替介入)の資金は自国の面目をかけているだけにスケールが大きいです。

円ベースで説明すると、いつもは数銭単位で動く為替レートが一気に数円ごとの動きをします。

個人で投資をしている人ならば経験があると思うのですが今までは利益(もしくは損失)が多くなっているポジションを持っていたにもかかわらず、持続している持ち高が決済したとのことで連絡がFX業者よりEメールが・・・利益が出たのかな(損益が出たのかな)?と考えつつ決済後の通達を見たら推測していたものとはまったく逆の結果であり度肝を抜かれたケースがあります。

為替介入(外国為替平衡操作)が実施された時によくあることなのです。

こういったことから外国為替市場介入(為替介入)を施行すると、為替の市場の流れと逆の動向をすることがわかりました。

まして動く金の大きさはでかく変わりますので注意が必要なのです。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.matthewsmission.org All Rights Reserved.