.

数年来どの自動車保険を取り扱う会社も値段つり上げ傾向にあります。値段のつり上げをするということが起きると直接家計にとても甚大な打撃を与えると考えられます。しかし、一体どうして自動車損害保険が料金つり上げという事態に見舞われているのか、おわかりでしょうか?原因について定説になっているものは、大きく二つ考えられます。まず最初に、お年を召した自動車運転者が増えているせいです。車を保持しているのが当たり前の状態になってしまったことから、お年寄りの自動車運転手も増加している傾向にあります。さらに全国的な傾向として超高齢化社会を迎えつつあるといったことも理由になって、年々加速度的に高齢の自動車所有者が大きな割合を占めていくようです。お年を召した方のであるならば、通常は保険の料金が安く決められているため会社にとっては、さほど利点が存在しません。当然ですが、保険の料金が低いのに自動車事故などのトラブルを起こされてしまったならコストに見合わない補償を支払わなければいけないという理由があるからです。このような場合リスクが格段に高くなるので会社は保険の料金を高く設定するという手段に及ぶしかありません。次に、2個目の原因は、若年世代の車に対する淡白な態度にあります。高齢者の自動車運転者は増えつつありますが、それとは反対に若い年代は自動車というものに憧憬を抱かなくなりつつあるのです。このようなウラ側にあたるものは地下鉄などの安価な交通インフラの発展と金銭的な問題なのです。安定した職業に就職することができない若年の世代が多数であるがために車を入手する力がないという方も相当数いると考えられます。一昔前であれば、マイカーを乗り回す事が社会的地位の証明というのが当たり前でしたが、今はそういったことがステータスだとは断言できなくなってきたようです。ですから、保険の掛け金が老年期と比較して高額な若い世代の保険申込者が年々減っているのだと思われます。そのような様々な問題が理由となって自動車保険会社も保険料増加に踏み切らざるを得ないのだと考えられるのです。

Copyright (c) 2000 www.matthewsmission.org All Rights Reserved.